2017年12月30日

第137回新語・語法研究分科会開催のお知らせ

更新日:2017年12月30日


第137回新語・語法研究分科会開催のお知らせ

 

日時:2018年1月13日(土)14:00~17:00

会場:シャトレ信濃町 1階 会議室  ☆今回は初めての会場です。

c/o United Books社(〒160-0016 東京都新宿区信濃町3-1 シャトレ信濃町303号)

「四谷三丁目」交差点と「信濃町」駅前を通る「外苑東通」の中間「左門町」の角を入る。

  1. 地下鉄丸ノ内線「四谷三丁目」駅下車。歩5~6分。階段を上り「四谷三丁目駅前」交差点に出る。外苑東通(新宿通りと交差する道路)を中央線各駅停車「信濃町」駅に向かって歩き、左門町公園の前を過ぎて、「左門町」(交差点の表示)の角を右折して進むと、左手にシャトレ信濃町のモスグリーン色のゲートがある。そこを入る。
  2. 中央線各駅停車「信濃町」駅下車。徒歩5~6分。改札を出て目の前の広い道路(外苑東通)を渡って右へ進む。慶応大学病院前を過ぎて、道路の反対側にある「創価学会女子会館」を見ながら行き、「左門町」の交差点表示を左折し、左側の緑の門を入る。

 

◆プログラム◆

1.新語・語法フォーラム          司会:浜屋 徳郎会員

 

2.研究発表

研究発表1

題目:「日本語新語英訳最前線―「ソジハラ」から「睡眠負債」まで」

  発表者: 石山 宏一会員(桐蔭横浜大客員教授)

内容:『「歩きスマホ」を英語で言うと?―時事語・新語で読み解く日米の現在(いま)』(2014年刊、小学館新書)の上梓後、4年間に生まれた日本語の新語―—「ソジハラ」「コト消費」「没イチ」「スマホ老眼」「睡眠負債」等—―の英訳に焦点をあてる。英米に該当する表現がある場合には英訳語はすぐ見つかるが、そうでない場合は造語する必要がある。発表ではその英訳表現と新語の収集方法等を紹介する。

  研究発表2

題目:「American Dialect Societyが選ぶ2017 Words of the Yearを検証する」

発表者: 三田 弘美会員(口語英語研究所所長)

  内容: 米国の新語研究を牽引するAmerican Dialect Societyが1月7日に選定した“2017 Words of the Year”をカテゴリーごとに実例を挙げて紹介する。

 

会費:400円

問い合わせ先: 新語・語法研究分科会 (代表)須永紫乃生

E-mail: sinob117@soleil.ocn.ne.jp

電話&Fax: 045-851-3728;(緊急連絡)090-1468-9541

 

 

セキュリティに関して広告のお申し込み事務局所在地