2019年03月15日

第144回新語・語法研究分科会開催の報告

更新日:2019年03月15日

第144回新語・語法研究分科会は、下記の通り開催されました。

日時:平成31年3月9日(土)14:00~17:00
会場:中央区立明石町区民館 洋室5号室

プログラム:
1.新語・語法フォーラム        14:00~15:00
  司会:浜屋 徳郎会員

2.研究発表         15:20~16:05(質疑応答を含む)
  発表者: 南部 匡彦会員(国際短期大学)
  発表題目:「学生の借入語に対する意識 -受容•産出語と親密度の観点から-」
  発表内容:大学生が習得すべき高親密度英語語彙約3,000語の中で、借入語(Loan Words)とし
  ても日常社会生活に必要な語彙をメディア出現度数(frequency)の観点から抽出し、その親密
  度(familiarity)との相関や傾向を探る。

3.研究発表         16:10~16:30
  発表者: 三田 弘美会員(口語英語研究所所長)
  発表題目:American Dialect Societyが選んだ”2018 Words of the Year”
  発表内容:American Dialect Societyは、2018年より” Words of the Year”の選出方法を変 
  更。その経緯と、私が一票を投じた新語situationship(Most Usefulのカテゴリーの一語に選
  出)について考察する。

 (以下は、可能性がでたならば、意見交換をします) ~16:55 

4.東日本地区研究例会での新語・語法研究分科会のプログラムについて

セキュリティに関して広告のお申し込み事務局所在地