12月, 2018年

非常勤講師の公募(公立鳥取環境大学)

更新日:2018年12月20日


会員各位

この度、公立鳥取環境大学では、英語教育分野の非常勤講師の公募を行うこととなりました。
募集要項を下記のとおりです。

指定様式については、本学ホームページよりダウンロードとなっております。
(和文)http://www.kankyo-u.ac.jp/about/publicoffering/recruit/20181213/
(英文)http://www.kankyo-u.ac.jp/about/publicoffering/recruit/20181214/

ご不明な点がございましたら、お尋ねください。
お手数をおかけし申し訳ございませんが、何卒よろしくお願い致します。

公立大学法人 公立鳥取環境大学
事務局総務課 採用担当

recruit@kankyo-u.ac.jp
直 通 :(0857)38-6700
F A X :(0857)38-6717


第127回西日本地区研究例会のご案内

更新日:2018年12月19日

               第127回西日本地区研究例会のご案内

下記の通り、第127回西日本地区研究例会を開催いたします。今回は、学会誌への投稿論文に関するワークショップ「学会誌への投稿論文を書いてみよう」を行います。
個別の応募論文に対する講評だけでなく、これまでの学会誌編集経験に関するミニシンポジウム、参加者全員による座談会も実施いたしますので、どうぞ奮ってご参加いただけますよう、ご案内申し上げます。

■ 企画概要:
過去3年の間に日本メディア英語学会(年次大会、および研究例会)において発表した研究を論文形式にしたものに対して、「学会誌に掲載される論文にするためには」をポイントに数名の先生方から講評をいただく。その結果、学会誌投稿に対する精神的・物理的ハードルを下げることを目的とする。

■ 応募概要
 対象者:
(1)過去3年(2015年11月~2018年12月までとする)の間に開催された日本メディア英語学会の年次大会、および研究例会(東日本地区・中部地区・西日本地区)において研究発表(実践報告)をされた会員のなかで、まだ論文にしていないものがある方。
   ※所属地区に関係なく、過去3年間で研究発表(実践報告)をされた会員の方はぜひご応募下さい。
(2)今回は、定性調査(qualitative survey)に基づく論文を対象とする(次々回以降、定量調査(quantitative survey)に基づく論文のワークショップを企画予定)。

□ 期日:
上記の対象者は下記の内容を含めた論文を2019年2月20日(水)までに西日本地区長稲永までメールにて提出して下さい(先着4名まで)。
※応募の際には、発表された大会(あるいは研究例会)名およびその際の発表タイトルをメールの本文に明記して下さい。

 応募論文の内容最低8ページ
(1)暫定的要旨
(2)論文の暫定的結論
(3)各節の概要
(4)論拠(データ)の一部
※応募論文には、(1)~(4)の内容を必ず含めるようにして下さい。
※応募に当たっては、本学会誌投稿規定を参照の上、スタイルサンプルに則って原稿を提出願います。

■ 講評者:
高木佐知子会員(前学会誌編集委員長)、石上文正名誉会員・河原清志会員(前学会誌副編集委員長)、相田洋明会員(本学会代表理事)

■ 第127回西日本地区研究例会プログラム概要
 日時:2019年3月6日(水)
     13:00~17:00(12:30受付開始)
 場所:佛教大学二条キャンパス(教室は後日案内)
     http://www.bukkyo-u.ac.jp/about/access/nijo/
     〒604-8418 京都市中京区西ノ京東栂尾町7
 参加費:無料(予約不要)

          学会誌投稿論文ワークショップ「学会誌への投稿論文を書いてみよう」

開会挨拶(13:00~13:05)
第1部 論文講評(13:05~15:35)
・個々の応募論文に対する講評
論文講評(1)(13:05~13:35)
論文講評(2)(13:45~14:15)
論文講評(3)(14:25~14:55)
論文講評(4)(15:05~15:35)

第2部 ミニシンポジウムおよび座談会(15:40~16:55)
《ミニシンポジウム「学会誌編集作業について」》(15:40~16:10)
・講評者によるこれまでの学会誌編集作業についてのミニシンポジウム
《学会誌への論文投稿に関する座談会》(16:10~16:55)
・参加者全員による座談会(テーマ例:「いかに発表した研究を論文の形にしていくのか?」「いかに学会誌に論文を投稿するのか?」等)
閉会挨拶(16:55~17:00)

☆日本メディア英語学会が対象とする研究分野・領域は、「メディアとコミュニケーション」、「メディア英語教育」、「メディア英語の言語学」、「その他の学際的研究諸分野」となります。
どうぞ奮ってご応募いただけますよう、ご案内申し上げます。

論文応募先・問い合わせ先:
稲永知世(西日本地区長)
(milkywayooo129[a]hotmail.co.jp)
([a]をアットマークに変換してください)

“Media, English and Communication”第9号への投稿のご案内

更新日:2018年12月03日


会員の皆様


2019年9月末発行予定の学会誌 “Media, English and Communication”第9号への投稿締切日は
2019年3月31日です。
投稿予定の方は締切日までにお送りくださいますよう、よろしくお願いいたします。

1.本学会誌は、メディアとの関連における英語研究の成果を掲載する学会誌です。
投稿論文に「メディア」と「英語」に関する論述がみられない場合は、原稿を差し戻させていただくこともございます。
執筆の際、ご留意くださいますよう、お願いいたします。

2.会誌投稿規定、スタイルサンプル等については学会ホームページ
http://www.james.or.jp/contents/gakkaisi/
をご参照ください。

皆様のご投稿をお待ちしております。

日本メディア英語学会会誌編集委員長
 樗木勇作

セキュリティに関して広告のお申し込み事務局所在地